のぼりの有名な物

のぼりの基礎知識

有名なのぼり

はるか昔、室町時代前後から生き残り続けた日本の文化、のぼり。

今でも日本人に愛され続けています。

室町時代から長い時を経て今でも進化をしているのぼりですが、今までさぞ多くののぼりが作られたことでしょうその中でも有名なものの一部を紹介させていただきます。

まず紹介するのは毘沙門天を記したもの。

これはかの有名な軍神とよばれた上杉謙信の軍が使っていたものです。

そして上杉謙信の毘沙門天と聞けばほとんどの人が思い浮かべるであろう、武田信玄の風林火山。

武田軍が使っていた旗にはこう記されていたのだとか。

疾きこと風のごとし、しずかなること林のごとし、侵略すること火のごとし、動かざること山のごとし。

時代劇などにもよくでてくるのではないでしょうか。

色々と取り上げられていることからファンも多いことでしょう。

そんな異なるデザインの旗を用いていた二人は川中島で何度も熱い戦いを繰り広げましたね。

そして今でも旗のデザインは熱い戦いが続いており日進月歩の状態です。

長方形が当たり前だったものが新しいデザインでより形から目を引くようになったものが多々あります。

それらは有名というよりは皆さまの記憶に残りやすいものと言うべきでしょうか。

これからも日々進歩していくのぼりから目が離せませんね。


Copyright (C) www.scottishgames.biz. All Rights Reserved.

のぼりの基礎知識